今日はお休みを利用して、富士宮にある「富士ハーネス」さんへ
見学に行ってきました
DSC_0031

すごく立派な施設で、ゆったりとした時間が流れて見学もしやすかった
です

DSC_0032

天気が良ければ目の前にダイナミックな富士山を見ることもできます

DSC_0009

中に入ると、盲導犬のことについて詳しく説明が掲示されてます。
DSC_0011


DSC_0010

盲導犬を見かけた時には、さわったりしてはいけない理由も
教えていただけました。


DSC_0019

視覚障害がある人の見え方がどのような見え方なのかを体験できる
コーナーもありました
専用のゴーグルを掛けて見ると、その不自由さはあきらかでした。

DSC_0021

視覚障害がある人が使用する道具も展示されており、実際に触って
みることもできました。


DSC_0024


DSC_0023

そして子犬たちも元気に遊んでました。
この子たちが将来の盲導犬になるために、これから育てられて
いくみたいです。

DSC_0015

DSC_0013 (2)




一番良かったのは、盲導犬のデモンストレーションでした。
DSC_0026

単なる、仕事風景のデモンストレーションではなく
一般の人が盲導犬を連れている人に対しての接し方のアドバイス
や、盲導犬がどういう役割を果たしているかをわかりやすく説明
していただけました

最後に、デモンストレーションをしてくれたPR盲導犬の
「ラズベリー」と触れ合うこともできました。
さすがに大人しく、どこを触っても嫌がらない穏やかなワンコでした。
DSC_0028

今日は、良い社会勉強になりました。

個人的にですが、今後もささやかながら募金もしようかな
と思います。

a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f


10月から開始されている消費者還元事業にやっと当店も対象店舗となりました


クレジットカードのみご利用いただけます。

この機会に是非ご利用くださいませ

11/17(日)に静岡県総合社会福祉会館で、ロービジョンケアの行事がありました
ので、見学に行ってきました

DSC_0009

お天気は最高の秋晴れで、出かけるには気持ちよい気温でした

さて、まずロービジョンケアとはどういうことか?ですが、


日本ロービジョン学会のホームページより、抜粋してみました。

ロービジョンケア

(視覚に障害があるため生活に何らかの支障を来している人に対する医療的、教育的、職業的、社会的、福祉的、心理的等すべての支援の総称である。)

視力矯正をしても視力が低く見にくかったり、視野が狭く生活に支障がある方にたいしての
サポートということですね

会場では、様々な機器の展示がありました。
_20191117_123434

製品として登場したのはここ1年ぐらいという、暗所支援眼鏡というものがありました

DSC_0002

これは当店でも扱いのある、遮光レンズ

DSC_0003

歩行誘導ソフトマットなるものも、ありました。
よく歩道で見かける点字ブロックの室内用だそうです。
つまづかないように工夫がされており、白杖でさわっても存在が
わかりやすくなっていました。

_20191117_123503

視覚障害の人は、自分でお化粧することも困難なかたもおられるそうです。

DSC_0007

盲導犬との歩行体験もありました。
さすがにたくさんの人がいても、大人しくしっかりしていました
「盲導犬の里 富士ハーネス」 さんからの参加だそうです。

DSC_0008

起きてくれたので、もう一枚

まだまだ、展示ブースはあり写真は撮れませんでしたが
(拡大読書器・音声読み上げソフトなど色々なサポート器具がありました)

製品によっては行政から金額の補助が出るものもあるそうです

今日は貴重な情報を得て、良い勉強になりました。


↑このページのトップヘ