暦では「立秋」を越えましたが、厳しい残暑が続いてますね

今回はお店の休業情報です

_20190810_162510

上記の期間お休みをいただきます

来週は通常通りの営業です。

隣接のたの眼科クリニックは 8/13~8/16までの午後の受付が16:30までとなっております。

また、8/19~8/24までが休診です。


まだまだ暑さが続きそうですので、体調に気をつけてお過ごしくださいませ

DSC_0003

令和元年8月5日で当店は3周年を迎えました

ささやかながらではありますが、今月は眼鏡・コンタクトをお買い上げのお客様に
レジャーシートやボールペンなどをプレゼントさせていただきます

また、お買い得な特別価格でのコンタクトケア用品も用意してお待ちしております

_20190805_154354

この3年間でたくさんのお客様に眼鏡とコンタクトレンズをお買い上げいただき
誠にありがとうございます

これからもさらに、お客様に満足していただけるようなお店になるように
努力していきます

また、隣接の たの眼科クリニックの院長にも眼鏡やコンタクトレンズを使用するに
あたっての様々な視点から貴重なご指導いただけたことに関して非常に感謝しております


そのほかの関係者の皆さまからの手厚いサポートにも感謝いたします


今年も東海地方は梅雨明けが発表されましたね


最高気温も高くなり、まさに夏本番となってきましたDSC_0005_1
(久能山東照宮の階段にて撮影)

夏と言えば、「紫外線」が強くなりますよね

まず、紫外線とは
ご存知の方も多いとは思いますが、説明させていただきます

紫外線2
                  (環境省 紫外線保健マニュアルより)

太陽の光には、図のように目に見える光(可視光線)のほかに、目に見えない赤外線や
紫外線が含まれています。紫外線とは地表に届く光の中で、最も波長の短いものです

紫外線は波長によって、「A・B・C」に分けられています。

肌のハリや弾力を失わせるといわれている「UV-A」

しみの原因といわれている「UV-B」

「UV-C」は地表には届かないといわれています

紫外線
                  (環境省 紫外線保健マニュアルより)


紫外線は1年の中で7月が最も強いとも言われています

目にも紫外線は影響がありますので、眼鏡レンズでの紫外線対策は重要だと
思います



紫外線の眼への影響 (環境省 紫外線保健マニュアルより)

①紫外線角膜炎
強い紫外線にばく露したときに見られる急性の角膜炎症で、結膜(白目)の充血、異物感、流 涙がみられ、ひどくなると強い眼痛を生じます。雪面など特に紫外線の反射が強い場所で起き る“雪目(ゆきめ)” が有名です。

②翼状片
眼球結膜(白目)が翼状に角膜(黒目)に侵入する線維性 の増殖組織で、瞳孔近くまで進展すると視力障害をきた します。農業、漁業従事者など戸外での活動時間が長い人 に多発し、紫外線ばく露を含めた外的刺激がその発症に 関係すると考えられています。

③白内障
 白内障は眼科疾患の中で最も多い病気のひとつで、眼のな かでレンズの役割を担う水晶体が濁るため、網膜まで光が届 かなくなり見え方の質が低下してきます。




前置きが長くなりましたが、当店では基本ラインナップのレンズはすべて
UVカット率99%なのです
(ガラスレンズは除く)
眼鏡レンズ


低価格からすべて「UV99%カット」です

ですので、ご安心いただいてご使用いただけます

一般的には紫外線対策は「サングラス」と思われがちですが、カラーレンズ
がUVカット99%とは限りません。

無色透明のレンズでも「UVカット」はされているのです

さらに、さらに
当店では、ランクUPレンズの中には強力なUVカットレンズもあります

P-UV2
                            (東海光学HPより)

通常のUVカットレンズは正面180°のみのカットですが
強力なUVカットレンズはレンズの裏面まで360°カットしてくれます

P-UV3
                                 (東海光学HPより)

紫外線は様々な角度から飛んでいますので、嬉しい技術ですね

UVカットの表記があってもカット率は様々だと言われています。
当店では、UVカットについても自信を持ってご提供しております。









↑このページのトップヘ